テーマ別おすすめ動画制作・映像制作会社を比較

自社に適した映像制作業者選び――。その方法のひとつは、どのようなテーマで映像制作を行いたいのかを明確にし、それに適した業者を選ぶというのが間違いないやり方です。まずは3つの目的別におすすめの制作会社を紹介しましょう。

集客に強いストーリー性のある動画なら!

エレファントストーン

集客力に強みのあるエレファントストーンのHP画像

特徴

映画製作などにも携わっている技術力の高いスタッフを擁し、映像のクオリティやストーリー性などに対するこだわりを持つのが特長。効果的な表現手法や構成で作り上げた映像は、どんな商材でも“一作品”として仕上げられます。

公式ページで詳しく見る

低予算で手軽に作るなら!

映像制作コンビニ倶楽部

手軽に映像を作ってくれる映像制作コンビニ倶楽部のHP画像

特徴

料金面では3種類のプランが用意されており、予算や内容に応じて選べるので、安価での制作も可能です。社としてのこだわりは「利益につながる映像制作」。独自のノウハウ理論に基づいて、マーケティングの目標達成に努めます。

公式ページで詳しく見る

アニメーションを使って個性的に作るなら!

クレボ

アニメーション動画が得意なクレボのHP画像

特徴

アニメを用いた映像制作を得意としており、パックプランも用意。事例においてもアニメが大多数となっています。依頼者と同社に登録している映像クリエイターたちとの橋渡しをする、クラウドソーシング方式で運営されています。

公式ページで詳しく見る

映像制作会社選びで注意すべきこと

映像制作を依頼するにあたり、業者選びで気を付けたいことは、低価格にこだわるあまり、粗悪な品質で映像商品を納める業者に引っかからないことです。デジタルメディアの普及により、誰もが簡単に一定品質の動画を作れるようになったため、低価格を標榜する業者の中にはクラウドソーシングですべて外注し、任せきりなところもあります。

もちろん、そのすべてが低品質な映像をつくっているわけではありませんが、一定レベルの映像制作を求めるのなら、確かな技術をもつ業者に依頼したほうが、費用対効果の面で結局はリーズナブルになることもあるのです。

業界やニーズで選ぶ動画制作・映像制作会社

その業界を得意とする制作会社でマーケティングムービーを撮る

動画制作会社の選び方にはテーマで選ぶ方法に加え、依頼する側の業界別、ニーズ別に選ぶという方法もあります。業界やニーズごとのメリットや効果などを理解し、そうしたものを得意としている業者を選ぶと、より効果的です。

業界やニーズで選ぶ動画の制作会社について詳しく見る

会社紹介
リクルート

会社紹介やリクルートを目的とした動画の活用は効果的。特に新卒者採用においては必要不可欠なツールに。

観光事業
リゾート

人気のスポットやアトラクション、催し、食べ物など「非日常」を、魅力的に紹介できるかが鍵となります。

分譲マンション

間取り図や文章では伝えきれない魅力を、包括的かつ詳しく紹介可能。絶大なアピール力を発揮します。

メーカー紹介

ものづくりの現場や信念などを一般公開可能。新たなビジネスチャンス獲得への期待が広がるメリットもあり。

スタートアップ

「新しいビジネスモデルを開発し、短期間で急成長を狙う」理念や方針を広く告知するために有効な手段です。

営業ツール

営業先での紹介ツールとして活用。商品やサービスのメリット訴求やわかりやすは、大きな武器となります。

商品
サービス紹介

売りたいものの良さや使い方、内容、特徴を、映像で直感的に伝えることができるのが大きな強みとなります。

イベント
展示会

動画の内容や演出力はもちろんのこと、画質や技術面のノウハウや精通度合いといったものも重要な要素。

セミナー映像

生の講義よりも記録映像のほうがわかりやすいということも。データ画面の取り込みなどの工夫も自由自在。

ゲーム
アプリ紹介

文字だけではなかなか伝わりにくい、面白さや便利さを、直感的かつ最大限に伝えることが可能となります。

YouTube広告
Web動画

ピンポイントなターゲットに配信できる反面、スキップされない工夫が動画制作会社の腕の見せどころです。

アニメーション動画

表現の可能性は無限大。その反面、リアリティや説得力、共感や好感といったセンスや力量も重要な要素です。

抑えておきたい動画マーケティングのA to Z

インターネットやスマートフォンの普及に応じて、動画を用いた、広告・宣伝やPR活動といった門戸は拡大。あらかじめ事情や情報などの知識を仕入れておき、自社の動画マーケティングの活性化に、ぜひ役立ててください。

抑えておきたい動画マーケティングのA to Zについて詳しく見る

どうやって依頼するのか

どうやって依頼するのか

一般的には、打ち合わせから始まり、企画案や台本の提示、見積提示、撮影、編集、納品という流れになります。

どのくらいのコストが必要か

どのくらいのコストが必要か

映像の長さ、撮影日数、撮影場所、役者起用など、さまざまな要素によって左右されます。相場目安を知りましょう。

活用事例【CM/デジタルサイネージなど】

活用事例【CM/デジタルサイネージなど】

例えば家電製品操作方法の動画紹介。電子式ハイテク看板デジタルサイネージの活用ヒントなどをご紹介。

気を付けたいトラブルとは?

気を付けたいトラブルとは?

肝心のシーンが撮れていない、追加料金を請求された、などのトラブル発生理由や回避術について紹介します。

動画をつくるならここ!
実績のある映像制作会社リスト

映像制作会社には、それぞれ特色があります。「映像の質にこだわる」「クラウドソーシングで安さが売り」「アニメで個性的にアピール」など。なにより大事なのは、自社のニーズに適した業者を選ぶことなのです。

信頼できる映像制作会社リストについて詳しく見る

映像制作コンビニ倶楽部

映像制作コンビニ俱楽部のHP画像

【引用元】映像制作コンビニ倶楽部
http://www.cyring.co.jp/

エレファントストーン

エレファントストーンのHP画像

【引用元】エレファントストーン
http://elephantstone.net/

クレボ

クレボのHP画像

【引用元】クレボ
https://crevo.jp/

ハイデー

ハイデーのHP画像

【引用元】ハイデー
http://www.zeican.com/

Viibar[ビーバー]

Viibar[ビーバー]のHP画像

【引用元】Viibar[ビーバー]
http://viibar.com/

ボーダーレス

ボーダーレスのHP画像

【引用元】ボーダーレス
http://www.borderless-tokyo.co.jp/

メディアフォーユー

メディアフォーユーのHP画像

【引用元】メディアフォーユー
http://www.mediaforyou.tv/

モバーシャル

モバーシャルのHP画像

【引用元】モバーシャル
http://www.mobercial.com/

ライズビデオエイティ

ライズビデオエイティのHP画像

【引用元】ライズビデオエイティ
http://www.risevideo.co.jp/

LOCUS[ローカス]

LOCUS[ローカス]のHP画像

【引用元】LOCUS[ローカス]
http://www.locus-inc.co.jp/

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。