活用事例【CM/デジタルサイネージなど】

こちらのページでは、デジタルサイネージや映像制作といった、いわゆる動画マーケティングの活用事例について、述べていきたいと思います。

デジタルサイネージや映像制作で、出来る事とは?

そもそものお話として、動画マーケティングという言葉は、現代のビジネスシーンにおいて頻繁に聞かれていますね。しかし、その詳しい意味、正確な意味まで熟知しているという方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

それこそ、検索しても、経済や広告の専門用語が連発されていて、チンプンカンプン(この言い方も古いですが)な方も多いことでしょう。

しかし、決して難しく考えることはないのです。平たく簡単に言えば、広告や宣伝、PR活動に映像や動画を、より身近に、より安価に、かつ効果的に使おうということです。

例えば20年前を思い出してみてください。世間ではWindows95が発表され、パソコンが一般的になりつつありましたが、インターネットはまだ一部の方しか利用しておらず、携帯電話もガラケー以前の、通話とメール程度の機能しかありませんでした。テレビ放送もアナログで、薄型液晶テレビなどは存在していません。厚ぼったいブラウン管が主流でした。

そんな時代、映像を使用した宣伝方法はテレビCMくらいしかなく、それができるのは大企業など、資金がある業者に限られていました。

ところが今や、インターネットはほぼすべての世代に普及し、スマートフォンも然り。薄型液晶テレビやモニターも当たり前です。テレビCMのようにお金をかけなくても、映像を使った動画マーケティングは広く一般に解放されているのです。

そして、動画がもたらす宣伝効果といえば、目で見て分かる、情報の認知のしやすさと情報量の多さです。文字と静止画像だけでは伝わりにくかったことが、動画で伝えられるようになったということでもあります。

例えば、家電やIT機器の機能や操作方法を、店頭のモニターやサイト上で伝える。飲食店であれば、看板メニューの調理の模様を動画で紹介するなど。もちろん、テレビCMをweb上で流すことも自在です。

そしてもうひとつ進化したのが、デジタルサイネージ。言ってみれば、動画を見せたり、見せたい情報を自在に切り替えられる看板ということになります。

例えば店頭ドアや窓辺、あるいは天井吊り下げ式のモニターなどに、動画を流したり、複数の異なる情報を定期的に切り替えて見せるといった具合です。飲食店であれば、その日限定のメニューやサービス情報など。スーパーであれば、その日の特化品やおすすめ品なども自在。

難しい戦略などは後から考えればよいことです。まずは、ご自身のビジネスにおいて、こうした動画マーケティングで、何を伝えたいのか、という点から考えてみてはいかがでしょうか?

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。