クレボ

ここでは、東京・渋谷道玄坂の映像制作会社クレボについて、会社としての特徴やこれまでの実績、得意とする分野などについてご紹介していきたいと思います。

クレボが手掛ける映像制作、その特色とは?

クレボのHP画像

引用元:クレボ(https://crevo.jp/)

クレボという会社は厳密に言いますと、映像制作会社ではなく、動画制作や映像制作を専門としたクラウドソーシングサービスの運営と窓口業務を行なっている会社ということになります。より平たく言えば、映像制作の依頼者と、同社に登録している映像クリエイターたちとの橋渡しをする会社と考えてよいでしょう。

そんな同社の大きな特色としては、まず、世界のクリエイターへ仕事を依頼できるという点。前述のとおり、同社はクラウドで映像制作の依頼者と映像クリエイターをマッチングする業務を行なっていますが、そのお相手は日本国内のみならず、海外の映像制作者も多数。もちろんやりとりなどは同社が間に入ってくれるので安心です。

もうひとつ、大きな特色は、アニメを用いた映像制作を得意としている点。言うまでもなく、アニメという手法は、実写では撮影不可能な映像や、空想上の映像、現実には有り得ないシーンを比喩的に表現するといったことも可能になり、表現の幅が無限に広がります。後述するこれまでの実績においても、アニメを用いたものが多数紹介されています。

なお、誤解のないようつけ加えておきますと、同社は決してアニメ一辺倒ではなく、実写の事例も(少ないながら)紹介されています。

ただし、料金プランにおいては、パックプランとして用意されているのはアニメのみで、実写は「オーダーメイドプラン」となる旨が明記されています。

参考までに、アニメーションを用いた「エントリープラン」の場合、80秒までの動画で、提案数は1案、料金は税別で29万円とのこと。他にも「スタンダードプラン」や「プレミアムプラン」、そして前述した実写にも対応する「オーダーメイドプラン」が用意されているとのことですが、これらの詳細については、ホームページ上では非公開となっており、同社に資料請求した方にのみ知らされるとのこと。

実績面においては、テレビCMからweb動画、製品・サービス紹介など、これまでに手がけた案件が、200件以上、ホームページ上で紹介されています。

またそれぞれが、前述した「エントリープラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「オーダーメイドプラン」のどのプランで制作されたものかも明記されていますので、プラン選びの参考になるのではないかと思われます。

なお、これも前述のとおり、やはりアニメでの事例が大多数を占めているのも、大きな特徴と言えそうです。依頼者の業種についても多岐に渡っており、小売流通、通信IT、不動産、情報産業、不動産、メディア、自治体などをカバー。守備範囲はなかなか広いと言ってよいでしょう。

クレボの製作事例

  • PARCO プロモーション
  • 住友不動産株式会社 オフィス施設紹介動画
  • レバレジーズ株式会社 広告用動画
  • 株式会社ディー・エヌ・エー アプリ紹介動画 …etc

[DATA]クレボ

社名 Crevo株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル7階
設立 記載なし
ニーズや目的別で映像会社を選ぶなら!

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。