ハイデー

こちらでは、東京・世田谷区の映像制作会社、ハイデーについて、会社としての特徴やこれまでの実績、得意とする分野などについてご紹介していきたいと思います。

パックプラン充実の映像制作会社、ハイデー

ハイデーのHP画像

引用元:ハイデー(http://www.zeican.com/)

ハイデーは1987年設立と、この業界では老舗に類する一社と言えます。パソコンやインターネット、携帯電話やスマートフォンなどが普及する以前の時代から映像撮影を手がけてきた会社であり、長年のノウハウという点では、一日の長があると言ってよいでしょう。

しかし、決して旧来の方式だけにとらわれているわけではなく、Blu-ray、DVD、MiniDV、DV-CAMといったメディアやjpeg、bmp、png、gifといったフォーマットにも対応しているとしています。

そしてもうひとつ、映像制作を依頼したいという依頼者には直接関係はありませんが、同社では「税フォーメーション」というブランド名で、中小企業経営者や会計、税金関係の業務に携わる方向けのDVDソフトの制作・販売も手がけているとのこと。同社が長年培ってきた映像撮影ノウハウが活かされているとのことです。

また、既存映像の編集やメディアへのダビングといったサービスにも門戸を開いています。

そんな同社の映像制作は、企業や商品紹介といった近年需要が高まっている分野にも対応していますが、同社が長年得意としてきたと思われるのが、セミナーや卒園式、発表会、舞台といったもの。これらに対する撮影パックプランというものを独自に設定していることからも、そうした分野の精通度合いがうかがえます。

例えば2時間程度のセミナーを対象としたプランの場合、業務用カメラ1台と専用マイク、編集・簡易テロップ挿入などがセットで36,000円から。卒園式パックは、20名以上対象でカメラ1台、2~3時間以内の撮影で、一人あたり4,000円程度でプロによる記念映像が撮影できると訴求されています。

また、近年需要の増えてきている不動産物件の紹介にもパックプランが用意されており、こちらは1物件あたり2分を5件分セットにして100,000円からといった具合。

ほかにも、来客の多い企業や店舗向けに、最寄りの交通機関からのアクセスを紹介する映像が、5分以内で85,000円から用意されています。なおどちらも、オプションでナレーションが入れられます。

一方、これらパックプランに該当しない、商品・サービス紹介や企業紹介などは、使用するカメラによって3つの種類から選択可能。いずれも1日6時間を基本とし、SDビデオカメラは40,000円、HDVビデオカメラは60,000円、フルハイビジョンは150,000円となっています。

ただし、演出や編集、テロップ挿入、ナレーション等に関しては記載が見当らないので、これらはあくまで撮影の料金と見るべきでしょう。念のため、事前に確認しておくべきと思われます。

ハイデーの製作事例

  • Tip Top CM …etc

[DATA]ハイデー

社名 ハイデー株式会社
所在地 東京都世田谷区用賀3-9-16 パークハイム桜新町B101
設立 1987年
ニーズや目的別で映像会社を選ぶなら!

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。