LOCUS[ローカス]

こちらのページでは、東京・渋谷区の動画制作会社、LOCUS[ローカス]について、会社としての特徴やこれまでの実績、得意とする分野などについてご紹介していきたいと思います。

LOCUS[ローカス]の動画制作、その特色はどうか?

LOCUSのHP画像

引用元:LOCUS[ローカス](http://www.locus-inc.co.jp/)

ローカスという映像制作会社は、設立5年という比較的「若い」会社ながら、800社を超える制作実績があると大きく広報している、業界でも注目の業者です。

そして、この実績を実現できた理由を、「同社は映像の常識を知らなかった」と述べています。

これはつまり、業界にはびこっていた古い慣習やしきたりといったことにとらわれず、ビジネスでの成功要因を、映像制作の世界に持ち込んだためだそうです。

これは、同社が元々、映像ありきのビジネスではなく、コミュニケーションビジネスからスタートした会社であり、その手段として映像を活用するというプロセスを踏んでいったためとのこと。

そして、そうした出自ゆえに、同社では高品質な映像クオリティ、効果をもたらすマーケィング視点、もっと動画を身近に活用できる価格設定、といった方針を徹底。そうしたものの結果として、前述した800社超という実績が達成できたのだとしています。

より詳しくご説明しますと、映像のクオリティ面では、同社では500名超のクリエイター陣を登録しており、現在でもその数は増え続けているとのこと。テレビ番組やテレビCM、ミュージックビデオなど、様々な分野で活躍してきた人材の中から、依頼案件にマッチしたクリエイターを起用することで、高品質を実現しているとしています。

そして同社が大きなこだわりとしているのが、制作された映像が、効果をもたらすかという点。単に見栄えがいい、かっこいいというだけでは意味がなく、キチンと効果をもたらすかというビジネス視点を重要視しているとのこと。

例えばweb動画であれば、自社ホームページの場合は、どの位置にレイアウトするのが一番効果的なのか。web媒体に掲載する場合、YouTube、Facebook、グノシー、ニコニコ動画など、どの媒体に掲出するのかといったことまで戦略的に決定するとしています。まさに、ビジネス視点といったところでしょうか。

気になる価格面については、制作内容ごとに、大まかな内容作業が紹介されています。

例えば、既存のイラストや映像を利用し、編集とナレーション、テロップなどを追加する場合は19~30万円の価格レンジで依頼可能。そして、撮影や演出などの度合いに応じて、30~50万円、50~80万円、80~100万円といった感じで、価格レンジを選んでいくという方式。それぞれの価格帯ごとに、事例も紹介されていますので、検討の際は目安として役立つはずです。なかなか精力的かつ戦略性に長けた業者と言ってよいでしょう。

ローカスの製作事例

  • USEN 営業ツール
  • アンファ― イベント用
  • キッコーマン 商品説明
  • 島村楽器 CM …etc

[DATA]LOCUS/ローカス

社名 株式会社LOCUS
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館15階
設立 2010年
ニーズや目的別で映像会社を選ぶなら!

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。