分譲マンション

本ページでは、動画マーケティングの活用方法・事例として、不動産、とりわけ分譲マンションの紹介にスポットを当てています。あわせて、この分野でのおすすめ制作会社もピックアップしています。

不動産の物件紹介、動画がもたらす効果とは?

⇒ まず分譲マンションのおすすめ動画制作会社をチェック

あなたが不動産を買う、あるいは借りようと思ったとき、現地をチェックしないはずがありませんよね。不動産紹介の動画のニーズは、現地に行かずして詳細を観察できる、まさにその点にあるのです。

不動産業界を活性化させる動画マーケティング

不動産の物件紹介における動画マーケティングでは、簡素な間取り図や数枚の写真、それを補う言葉だけでは伝わりきらない、動画映像ならではの強みやメリットがいかんなく発揮されます。物件全体が醸し出す雰囲気や部屋と部屋とのつながり、そして周辺環境などにいたるまで、あらゆる情報を、動画という伝わりやすい方法で紹介できるのです。

そして、こうしたメリットは、賃貸の場合はもとより、分譲マンションや建売一戸建てといった売却物件の場合に、より大きな効果を発揮します。

言うまでもなく、不動産物件というものは一生のうちに一番大きな買い物。事前に得られる情報はより多く、深いほどに、購入希望者の関心は高まります。つまり、逆に言えば、販売用物件の紹介における動画マーケティングは、今後も大きな役割を担っていくといこと。

そうした時流は、すでに映像制作の業界にも伝播しており、不動産物件の紹介に注力している、得意としている業者も存在するのです。

ではここで、そんな不動産物件紹介にお勧めの動画制作会社と、それぞれが手がけた事例をご紹介してみましょう。

おすすめの分譲マンション動画制作会社3選

■マンションムービー.com

マンションムービー.comのHP画像 事例 WEB動画「ダイナセル AGIO目黒柿の木坂」PV編
分譲マンションの広告ムービーにもかかわらず、マンションそのものの紹介はほとんどありません。それも普通の不動産広告にはない、エリアの魅力を伝えるつくりにしてほしいというクライアントからの依頼だそうです。「この街に住んだら、こんなにステキな日常がある」と思わせる、とてもスタイリッシュなPVになっています。
会社の特色 不動産業界をよく知るスタッフがいて、業界特有の用語などの専門知識が豊富なため、さまざまなバリエーションにも対応できるのが特徴。映画製作にも携わるスタッフがつくる映像はクオリティが高く、ストーリー仕立てのつくりはお手の物です。

■グルーヴ・アール

グルーヴ・アールのHP画像 事例 動画「Brillia」有明・施設紹介/周辺情報紹介
ともに4分半という比較的長い尺の動画を用いて紹介。物件と周辺施設という関連性はあるが、直接はリンクしていない要件を、それぞれ個別の動画として分けている点がわかりやすさへの配慮として秀でています。また、周辺情報紹介では、物件を入手することで得られる「有明での暮らし」の紹介に重点を置いている点にも注目です。
会社の特色 物件紹介用の動画制作はもとより、ウェブサイト(マンションカタログサイト)や不動産事業者の企業サイトなど、不動産および関連事業に特化したサービスを総合的に手がけています。

■ハイデー

ハイデーのHP画像 事例 不動産情報撮影パック
同社が得意とするパックプランのうち、不動産物件紹介に特化したもので、1物件あたり2分の動画が5件分セットになって108,000円~というリーズナブルさを実現。分譲向け、投資物件向け、賃貸物件向けなど幅広い分野をカバーできるとのことです。
会社の特色 1987年設立で長年のノウハウを有する老舗。セミナーや卒園式、発表会、舞台など、ニーズの高い案件の撮影パックプランを用意しており、上記のとおり、不動産においてもそうしたプランを用意しています。低予算だけど動画は作りたいという不動産業者のニーズに適した業者と言えるでしょう。

情報アナログ時代から動画マーケティングの時代へ

かつてインターネットなどがまだ普及していなかった時代は、不動産物件を探すとなった場合はなかなかの苦労があったものでした。それが賃貸物件であれ、分譲物件であれ、分厚い専門情報雑誌を買い求め血眼になって希望に近い物件を探したり、不動産会社の店頭に足繁く通って情報をチェック。しかし、その時点で得られるのは間取りなどの図面と写真などの静止画像、そして文字情報まででした。

気になる物件と思って、現地内覧に出かけてみたら、想像していたものとは全然違っていたというパターンも、決して珍しいことではなかったのです。

そういう時代だったと言えばそれまでですが、そうなってしまっていた原因は何といっても、情報にアクセスするまでの手間暇と、その情報の質や量が不足していたから、とまとめられるでしょう。

それが大きく変わったのは、言うまでもありませんが、インターネットの普及です。

それまでのように分厚い情報誌を調べたり、わざわざ不動産会社の店頭に出向いたりしなくても、端末の前からそうした情報に簡単にアクセス。しかも、膨大な情報から、立地や間取り、築年数、家賃/価格といった条件に見合ったものを検索機能によって容易に仕分けすることができ、希望条件に近い物件をあらかじめ絞り込むことができるようになりました。

そうした時流を受け、各不動産業者のみならず、スーモやその他の不動産情報ポータルサイトなども次々と設立。インターネット前夜に比べれば、格段に便利になったと言えますね。

しかし、不動産業界におけるインターネット革命は、言うまでもなく、これで終わりではありませんでした。インターネットの普及が第一弾だとすれば、第二弾となったのはもちろん…動画マーケティングに他なりません。

不動産の物件探しに限ったことではなく、すべての商品やサービスで言えることですが、静止画像や文字だけで伝わる情報と動画映像では、伝わる情報の量や質は格段に後者が大きくなります。

また、極端に言えば、写真と文字だけの情報では、そもそもその分野に関心のない人を惹きつけることはなかなか困難ですが、映像であれば演出や工夫、インパクトで興味をもたせるといった威力も発揮できるのです。

ニーズや目的別一覧はこちら

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。