営業ツール

こちらでは、動画マーケティングの活用方法・事例として、営業ツールとして、動画を活用する方法にスポットを当てて紹介。あわせて、この分野でのおすすめ制作会社もピックアップしています。

営業ツールとしての動画活用テクニックとは?

⇒ まず営業ツールのおすすめ動画制作会社をチェック

少し前の話しになりますが、2020年に開催が決まった東京オリンピック。その誘致活動において、IOC首脳に対してのアピールに、iPadが活躍したというエピソードがあります。紙資料だと膨大な量となる資料を、デジタル化してスマートに見せることで、誘致活動に大いに役立ったのだとか。

この手法、現代の営業活動にも有益なのではないでしょうか。

特に、一般消費者向けではない卸売やB to Bといった案件でも、ノートパソコンやタブレット端末、あるいはスマートフォンを活用し、営業先で動画で紹介するという手法は、メリット訴求や分かりやすさという点で、大きな武器となることでしょう。

ではここで、営業ツールとしての動画制作にお勧めの動画制作会社と、それぞれが手がけた事例をご紹介してみましょう。

おすすめの営業ツール動画制作会社3選

■ボーダーレス

ボーダーレスのHP画像 事例 株式会社コーデックヴィジョン ダックスフンド専用ウエア
使用する素材や依頼している縫製工場は人間用ウエアと同等というこだわりを紹介。そのうえで、ダックスフンドならではの可愛さをより引き立たせるデザインが、実際に着用状態で紹介されています。
会社の特色 映像作品を手掛けるクリエイターが自ら、打ち合わせから予算交渉、撮影、納品までを一貫して行う方式。本案件では、限られた予算で最大限の効果を発揮することに腐心したことが見受けられます。

■映像制作コンビニ倶楽部

映像制作コンビニ倶楽部のHP画像 事例 天然生活 事業PR映像
ネット通販事業者向けに、低リスク高リターンが期待できる、同社のスイーツ卸売事業を紹介。イラストでビジネスの仕組みや消費者からの注文受注、商品配送のしくみをわかりやすく解説しています。
会社の特色 「利益につながる映像制作」をこだわりとしており、料金面では3種類のプランから、予算や内容に応じて選ぶ方式。本案件は写真素材とアニメイラストを用い、限られた予算のなかでの効果を狙っていると思われます。

■クレボ

クレボのHP画像 事例 Kaizen Platform, Inc. サービス紹介動画
ECサイトの運営者向けに、同社の提供するサイトの自動改善システムを紹介。売上の伸び悩みに対し、個々のユーザーごとに好みや嗜好を詳細に分析した上で、最適化された情報を提示するというメリットをピクトグラムを用いて紹介しています。
会社の特色 映像制作の依頼者と、同社に登録している映像クリエイターたちとの橋渡しをするクラウドソーシングサービスを採用。本案件では依頼内容に応じ、ピクトグラムに長けたクリエイターを起用したと見受けられます。
ニーズや目的別一覧はこちら

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。