セミナー映像

こちらでは、動画マーケティングの活用方法・制作事例として、セミナー映像にスポットを当てて紹介。あわせて、この分野でのおすすめ制作会社もピックアップしています。

セミナー映像、その制作目的やメリットとは?

⇒ まずセミナー映像のおすすめ動画制作会社をチェック

例えばスポーツの試合や舞台演劇、音楽コンサートといったものは、映像で見るよりも、会場で生で観覧した方が、感動や受ける印象は格段に大きいものです。しかし、勉強会やセミナーといったものの場合、必ずしもそうとは言い切れないのです。セミナー映像を記録しておくという行為は、本来であれば、その現場に参加できなかった人のために内容を紹介するというものです。しかし、レベルの高いプロの映像制作会社に依頼すると、むしろ映像の方が、生の講義を聞くよりも分かりやすいということが、起こり得るのです。

例えばセミナーでは。パワーポイントやスライドなどを用いた説明がよく行われますが、映像化する場合、そうした画面を鮮明にはっきりと映像で紹介するといったことも可能になります。また、講師の説明などにメリハリをつけ、より理解しやすいようにといった工夫も可能です。それこそソフト化すれば、お金を取って売れるレベルに仕上げることもできるのです。セミナー映像をプロに制作してもらうメリットは、この点につきるでしょう。

ではここで、セミナー映像の制作にお勧めの動画制作会社と、それぞれが手がけた事例をご紹介してみましょう。

おすすめのミナー映像の動画制作会社3選

■ボーダーレス

ボーダーレスのHP画像 事例 株式会社オンリアライズ 不動産投資セミナー
専門家により不動産投資に関するセミナーを紹介。単なる記録ではなく、使用したパワーポイント画面を鮮明な映像として見せたり、会場の臨場感をBGMや画像加工で演出したりといった工夫がなされています。
会社の特色 映像作品を手掛けるクリエイターが自ら、依頼者の担当窓口となり、打ち合わせから予算交渉、撮影、納品までを一貫して行う方式により、依頼者との意思疎通を徹底しています。

■ハイデー

ハイデーのHP画像 事例 事例動画は非公開
会社の特色 セミナーはもとより、卒園式、発表会、舞台など催事の種類に応じた撮影パックプランを用意しているのが大きな特徴です。最も安価な「講師&スクリーンを取り続けるAパターン」のほか、スライド画像を取り込むBパターン、講師の説明と資料画像を画面分割で紹介するC/Dパターンなどが選べるようになっています。

■映像制作コンビニ倶楽部

映像制作コンビニ倶楽部のHP画像 事例 事例動画は非公開
会社の特色 「利益につながる映像制作」をこだわりとしており、焦げ付かないフライパンを100万個売り上げたという映像制作の企画プロセスを実例として公開。セミナー映像の実例はホームページ上では非公開となっていますが、フォルクスワーゲンの社内コンプライアンス社員教育用などを手がけた旨が紹介されています。
ニーズや目的別一覧はこちら

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。