観光事業/リゾート

ここでは、動画マーケティングの活用方法・事例として、観光事業やリゾート案内にスポットを当ててご紹介。あわせて、この分野でのおすすめ制作会社もピックアップしています。

観光地の案内動画がもたらすものとは?

⇒ まず観光事業/イベントのおすすめ動画制作会社をチェック

そもそものお話として、人はなぜ観光や旅行、バカンスといったものに惹かれるのでしょうか?それこそ十人十色で、いろいろ理由はあるでしょうが、根本にあるのは「非日常という世界を楽しむ、満喫する」といったことが最大の動機なのではないでしょうか。

ちなみに、外国人観光客が東京に来て行きたい場所として人気なのは、六本木や渋谷よりも、日本らしさを感じられる、上野、浅草、秋葉原なのだそうです。

つまり、その土地らしさや特色といったものを紹介することが重要であり、動画マーケティングはまさに有効手段と言えるでしょう。

例えば人気のスポットやアトラクション、催し、食べ物、ショッピングなどなど、動画を用いて紹介すれば、写真や言葉だけて伝えるより、はるかに印象に深く刻まれるはずです。

とりわけ、観光客を迎えてくれる方々の人となりもダイレクトに伝えられるという点も大きなポイントでしょう。

では、そんな観光事業やリゾート案内にお勧めの動画制作会社と、それぞれが手がけた事例をご紹介しましょう。

おすすめの観光事業/イベント動画制作会社3選

■観光ムービー.com

観光ムービー.comのHP画像 事例 千葉県長南町 観光プロモーション
町全体の魅力や、お祭り、花火大会、ホタル鑑賞といった魅力を、さまざまな趣向を凝らした方法で紹介。例えば、町全体の紹介では、広報担当職員を主人公としたドラマ仕立て、お祭りやホタル鑑賞はドキュメンタリータッチといった具合です。
会社の特色 上記の千葉県長南町をはじめ、行政との連携経験が豊富なことが最大の特長です。また、映像制作スタッフは映画製作にも携わる精鋭なので、映像のクオリティやストーリー性なども重視しています。

■ボーダーレス

ボーダーレスのHP画像 事例 マレーシア Heritage Hotel
海外経験も豊富なスタッフのノウハウを活かし、自ら現地に赴き撮影。そのうえで、こだわりの編集を施したとのこと。「ここに行ってみたい!」と誰もが感じるような映像を目指すために、撮影を現地業者に代行させず、自社スタッフで行ったそうです。
会社の特色 映像作品を手掛けるクリエイターが自ら、依頼者の担当窓口となり、打ち合わせから予算交渉、撮影、納品までを一貫して行う方式により、依頼者との意思疎通を徹底しています。

■モバーシャル

モバーシャルのHP画像 事例 トリップアドバイザー株式会社
世界最大級の旅行サイトである「トリップアドバイザー」。同社の利用者から寄せられた写真や動画、口コミ情報といったものを上手に活用し、旅行者の「行きたい」という気持ちを駆り立てるという戦略のもとで、構成や演出が図られているとのこと。
会社の特色 単にかっこいい、面白いといったことではなく、どんな効果が得られるかという真の「映像効果」を追求。一方で、動画制作をフォーマット化しリーズナブルなコストも実現しています。
ニーズや目的別一覧はこちら

【免責事項】

このサイトに掲載している情報は、すべて個人で収集したものになりますので、詳細については、必ず各映像制作会社の公式ウェブサイトをご確認ください。